子宮内膜症の30代のブログ。体外受精にかける不妊治療ブログ。

体外受精の採卵で卵巣が腫れた(OHSS)

 

生理が18日になったので昨日、生理2日目で産婦人科へ行ってきました。

内診して卵巣の大きさを確認。

内診の結果、非常に残念なことに卵巣は腫れていました。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

OHSSを詳しく解説したブログはこちら

卵巣の腫れの原因は注射。(前回の自己注射)

しかも、今まで以上に大きく全体的に腫れていて採卵ができない状況・・・

もしかしたら次の生理で小さくなるかもしれないし、変わらないかもしれないらしい。

もし変わらなければ手術と言われました。

ここで思い切って手術でも良いと言われたのですが、

最終的に次の生理がきてから卵巣の状態を見て判断するということになりました。

今回、生理の周期がいつもより短く24日目できて焦りました。

OHSSが原因だそう・・・

生理不順を正常にする為に薬を服用することになりました。

プラノバール

IMG_7385

全部で21日分。

生理5日目から飲み始めます。(夕食の食後)

この薬が飲み終わったあとに強制的に生理をこさせるみたいです。

体外受精をスタートして早く移植したい気持ちが一番ですが、

こればっかりは仕方ないです。

卵巣の腫れが原因で2回目の採卵はお休みという状況にはなってしまったけど、

次の生理くる時は卵巣の腫れもひいて採卵ができると必ず信じています!

◆2014年9月18日:4.236円

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

不妊治療(30代前半赤ちゃん待ち)人気ランキング

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ